歴史の深い金型

植物の研究

金型の歴史や変遷を紹介します。 金型は明治時代に各種成形工業機械とともに海外から輸入されたのです。 金型が最初に製造されたのは明治4年の金貨・銀貨の貨幣製造です。 本格的に普及したのは明治の終わりから大正の初めです。 日清や日露戦争の需要や第一世界大戦の国力の伸びの影響により普及したのです。 第ニ次世界大戦後もそれなりに普及しましたが本格的に普及したのは昭和30年に入ってからです。 自動車産業の発展とともにかなり技術的にも普及したのです。 アルミ加工技術も産業の発展とともに普及したのです。 自動車のフレームなどにも利用され、金型とアルミ加工は技術的にも結びついて発展したのです。 日本の高度経済成長とともにこれらの技術は普及したのです。

金型のアルミ加工の今後の動向について予測します。 アルミ加工産業の強みは納品や品質の良さにあるのです。 ユーザーに求められる対応をこなしている業者が増えています。 原料の価格変動リスクを最小限に抑えて、コストを削減しています。 しかし、欧米に比べて大量生産ができないので、その辺りは弱みです。 なので、国内ユーザーとの連携や合金開発の強化や加工技術のプロセスの強化や加工技術の上昇が求められるようになるでしょう。 アルミ加工技術のブランド化や海外の産業との差別化が重要です。 アルミ合金の設計力やシュミレーション技術やプロセス技術や加工技術の4つの強化が急務になってくるのです。 このように技術の強化が求められるようになるでしょう。